キーマンに連絡

インターンシップ有効活用で早期選考がカギ
現在の採用環境は、企業にとっても学生にとっても、お互いを知る時間が非常に短く、決して良い状況とは言えないのが現状です。
 短期間の数回の面接だけで本当の学生の能力が分かるのか、どこまで学生の資質が見極められるのか、一方で、短期間に多くの企業の面接が集中するために、学生が複数の志望企業を受験できないなど、かなり制約された環境と言えるでしょう。
 そうした中で、インターンシップで採用選考するという事例が増えてきており、注目されています。
 さらに政府自体が、学生と企業のミスマッチ解消と学生の就職率向上のために、インターンシップを採用に活用することを推進しようとしています。是非、学生のみなさんはこの機会を前向きに活用され、勉学とのバランスをはかってみてはいかがでしょうか。
会社説明会でありのままの当社を知り、志望動機・自己アピールを積極的に
自己PRとは、「企業が求めている人材」にいかに自分がマッチしているか」をアピールするものです。
「どれだけ優れたスキルを持っているか」ではなく、「募集している人物像と合っている」ことが大切なのです。説明会では、当社のありのままの姿を語りたいと思っています。
 学生のみなさんもありのままの自分の姿と照らし合わせて、人材像とマッチしていると判断されたなら、積極的に自分自身をアピールしてみて下さい。そして、志望動機を強く持って選考に望まれることが内定を得るコツといえるでしょう。
文系・理系問わず活躍できるフィールドが(伊田テクノカレッジ)
当社は文理融合をキーワードに、文系・理系問わず平等に選考する姿勢を一貫して採用しています。それは、「施工マネジメント職」と言われる「新しい時代の新しい職」を志向しているからです。
 皆さんが、入社後新人研修を経て実務に従事しながら伊田テクノカレッジで専門分野の知識を学んでいただき、新しい時代の「潜在的多義性に富んだお客様のニーズ」に応えられるようしっかりと実力を養っていただければと思います。

総務部 人事担当課長
吉岡憲一

人事担当部長からのメッセージ

施工マネジメント職とは
それは「新しい時代の新しい職種」、言い換えると「技術力だけではなく、高いマネジメント力を兼ね備えた新しい施工マネージャー職」と定義することができると思います。
 学生の皆さんにとっては聞き慣れない言葉かもしれませんが、「従来の施工管理職」とは明らかに違う意味合いを含んでいます。
 良いものをお客様に提供することは企業にとってはごく当たり前の事ですが、従来の性能や技術力だけで、差別化を図ることが難しい時代に入っています。
 そのためには、知恵と工夫を提案する必要があると考えています。
 お客様のニーズに答えるため、良いものをどう届けるのか、何と組み合わせるのか、どう使ってもらうのか、など良いものを造るための「付加価値」ともいえます。
この差別化要素が、他社との競争優位につながり、新たなサービスの種になると考えています。
技術だけが専門性ではない
技術を組み合わせたり、人と人を結びつけたり、マネジメントしたりする力の方が、高い付加価値を生み出す仕事には必要要件となります。
 私たちは新しい時代のお客様のニーズに応えるために、「新しい働き方」を提案したいと考えております。
文理融合をキーワードに「技術力と高いマネジメント力」という社内研修制度を設け、この研修を通じて「技術力と高いマネジメント力を身につけられるようになっています。
 私たちが求める人物像は、会社基盤や、技術力に頼ることだけではなく、その力をさらに発展させ、企業とものづくりの文化を「自ら率先して守り、創造していく人材」です。
面接官として特に重視する部分は
一次面接を通じて感じることは、当社を志望する動機が明確でない学生が多く見受けられます。適性試験や筆記試験ではそんなに差がないにもかかわらず、面接で当社を志望する動機が弱い学生はやはり内定を勝ち取るのは難しいかと思います。
会社説明会やインターンシップに積極的に参加して当社の魅力を知り、是非志望動機を明確にしてチャレンジしてみて下さい。
 最終的には、人物そのものを重視していますので、面接では自信をもって明るく大きな声で自らをアピールしてみて下さい。必ず、良い結果に繋がると思います。

総務部 人事担当部長
村田一広

インターンシップ・会社説明会開催スケジュール

スケジュールはこちら


採用に関するお問い合わせ

伊田テクノス株式会社(いだてくのす)
〒355-0014
埼玉県東松山市松本町2丁目1番1号
担当 総務部 採用担当:村田・吉岡
TEL:(0493)22-1170
E-mail:jinji@idatechnos.co.jp